プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


まとめ髪・おだんごヘアでふるゆる感UP

アップまとめ髪の旬アレンジ。きれいに見せるまとめ髪が簡単に自分でできると、いいですよね。急なときなどヘアアレンジでバッチリきめたまとめ髪が、素敵な大人の感じがします。まとめ髪と言ったら、なんと言ってもお団子ですよね?普通のお団子ヘアーが基本ですから、今日はその基本のお団子ヘアスタイルの作り方を説明します。最初に、両サイドの髪を少しだけ残して、あとの髪を後頭部で一つに結わえます。おだんごを作る位置は、お好みですが、だいたい耳の高さよりちょっと高いところで結わえるのが多いかな。

次にラフな感じを出すために、あちこち指先で少し引っ張り、まとめた髪の毛束をねじります。続けて、ねじった髪束を根元に巻いていっておだんごを作っていきます。きつく巻き付けないでふんわりとしたボリュームを出しましょう。ねじった髪の毛先を少し残して首筋に添わせるようにして、Uピンでしっかりと留めます。

おだんごが出来たら、毛束を少し崩すようにルーズ感をだしましょう。鏡を見ながら毛束を少し散らします。お団子が決まったら、ヘアアクセサリーを飾って、できあがりです。最近では、洋装にも合うかんざしも多数ありますが、かんざしを使うときは、頭に直角に差してお団子の中でウェーブさせる感じで寝かせると、お団子が崩れにくくなり、しっかり留まります。基本のお団子ヘアーでも、ゆるく巻いたり、毛先を残して作るだけで、優しい女らしさや可愛らしさが出てきますね。

ポニ−テ−ルなどして束ねる時に長さが足らなくて、うなじに落ちてしまう短めのおくれ毛も、撫でつけないで無造作なナチュラル感が今流スタイルです。最近は、後れ毛があったほうが人気なようです。さりげなさが今のヘアスタイルでは、とっても大切なポイントなんですね。ところで、せっっかく素敵なヘアアレンジしたくても髮がハリツヤがなかったら・・、美髪ならもっと輝くことができます。美髪についてのノウハウを格安で手に入れることができるサイトを紹介しているのでぜひご覧くださいね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7169070