プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


和装の髪型│まとめ髪

日本人であるとはいえ、洋服が一般的になった現代、着物を着る機会は限られてきています。だから、尚のこと和装の際にはヘアスタイルにも充分に気を配りたいところです。和装の場合、古くは日本髪と呼ばれる、固く結い上げたヘアスタイルが一般的でしたが、今では舞妓さんや芸者さんといった特別な人たちのヘアスタイルというイメージになってしまっています。

古来からの日本髪とまではいかなくとも和装の場合はさりげなく襟足を見せるヘアアレンジがすっきりとまとまって見栄えもいいようです。ショートカットやボブヘアのなど襟足に長さが満たない場合には無理をして髪を結い上げなくても、それなりにみえます。ただ、せっかく着物を着たのに、ヘアスタイルは普段と一緒というのは、少し寂しくもあります。

ブローで工夫したりエクステンションやウィッグを利用することで変ったイメージを作ることも可能です。また、襟足につく長さ以上のヘアスタイルでしたら、結い上げるのも簡単ですし、お団子や夜会巻きなど、アレンジ方法も多くあります。アレンジの方法ですが、お茶やお花といった習い事など、やや日常的な和装の場合は、簡単にまとめて、かんざしなどでアレンジした方が、手間もかからず良いようです。

逆に、お祝い事なので着物を着る場合には、ヘアスタイルもボリュームを持たせ、コサージュなどで華やかな雰囲気を出した方が好まれるでしょう。いずれにせよ、“和装”に似合うヘアスタイルの基本は、すっきりと襟足をキレイにまとめる事がポイントとなります。美容師さんなどに一度コツを聞いておくといいかもしれません。自分でヘアスタイルを作る場合は、ムース、ワックス、ヘアピン等を上手に活用すると失敗しません。